スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

きものをあそぶ/やまもとゆみ


久し振りに着物本買っちゃいました

ポップでキュートな現代着物
自分が着るには 歳を取り過ぎました
でも良いの
眺めているだけでも幸せ

ってか
歳不相応なミニーchanドットだって小物に使ってるから年齢なんて関係ないって言っちゃお



この本 眺めて楽しいだけでなく
「ミシンで作る裏付き着物」なんてページもありまして
自分でなんちゃって着物が作れそう

とは言え
飽きっぽいワタクシにミシンと言えどお着物が作れるとは思わないのですが

「足袋を縫う」これは魅力的
傷んだ足袋をばらせばコハゼも簡単に手に入るので
やってみたいな


あーーっ
お着物着たいです
スポンサーサイト
[ 2011/11/30 23:47 ] ◆着物な本◆ | TB(-) | CM(2)

七緒 vol.27/プレジデントムック



雑誌買っちゃいました
2冊


どちらも 毎号買っちゃう定番雑誌

1冊は『七緒 vol.27』

「お直しパラダイス」ですって
自宅のすぐ側にしっかい屋さんがあったら良いなぁ
なんていつも思いますが
やっぱり ちゃんとしたお着物はそれなりにお手入れが必要ですよね


リサイクル着物も随分増やした時期がありましたので
お直しをしたら一流品なお着物もある筈
いずれ自分サイズのお着物だけにしたいものです




もぅ一冊は
『レディースバイク』
お着物の雑誌じゃなくて
バイク雑誌です

あはははは
やっぱり買うようになっちゃいますよね
[ 2011/09/10 17:38 ] ◆着物な本◆ | TB(-) | CM(2)

七緒vol.22/プレジデント社

きゃぁ





定期購読が切れていたのを忘れてました



6月7日発売でした









苦手だった麻のお着物



麻好きな ブロ友さんのさんの麻への思いを聞いているうちに興味再燃



お手入れ方法や透け感との付き合い方も満載







絞りの浴衣も魅力的





やるなぁ七緒です
[ 2010/06/09 08:21 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(6)

七緒vol.21/プレジデントムック

わーい

七緒が届いてました







あら、

七緒っぽくないモデルさんだわ



でも、

やっぱりこの方もチョット錨肩

七緒のポリシーなのかしら



柔らかい雰囲気で錨肩な方

そんな訳ないですね







今回は

木綿の特集です



デニムの着物を入り口に

木綿の着物が欲しい熱がムクムクした後...



なぜか

バイクに手を出してしまったから

ちゃんとした木綿の着物を手にしないままだったの



会津、伊勢、川越、浜松、館山

クスッ

バイクで出掛けてみたい場所は

皆、良い木綿の産地ではないですか





夢が膨らむわ







七緒読んで自分好みを研究しなきゃ







もう一つの特集が

「収納」向上計画



うーん

我が家の着物も何とかしなくては



うーん

そのうちネッ
[ 2010/03/05 22:15 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(9)

七緒 vol.20/ プレジデント社



家に帰ったら届いてました



凄く読みたい

今、読みたい

速攻読みたい





う"~我慢





総力特集

体型別。スラリと見える「着付け」のコツ



着付教室でも重宝しそうです



読まれた方いらしたら

感想お寄せ下さい



七緒大好き
[ 2009/12/04 23:32 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(3)

KIMONO姫9華麗なるアンティーク編/祥伝社

KIMONO姫可愛いです
実際に着るには チープというか現実的でなくて
引いてしまいますが...

デザイン書、ファッション誌 としてならアリ


今回も 非現実的な状態のモデルさんが面白いです
今風に言うと 盛り過ぎ

とことん盛ってます。


それでも、1点1点のアンティークはお洒落でステキ


卒業式シーンに。。。
袴(はかま)が随分載ってました。

現代において、袴って卒業式の衣装専用になっていませんか
武道や純邦楽の衣装としてではなく、
通常の日常着では着ないですよね

私も1枚 多分どこかにあるはずですが。。。
履く機会は全くございません


もちろん
にも袴姿で乗る事はありませんから



今回、超~可愛いモデルさんは
リア・ディゾンchan

1児の母とは思えない可愛らしさです

[ 2009/10/25 00:44 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(4)

七緒 Vol.19/プレジデントムック

教習から帰ってきたら
ポストに入ってました

久し振りぃ~~


最近雑誌を買ってないから 嬉しいです楽しみ



興味津々なのは
室井滋さんの新連載

FirstGuestに黒柳徹子さん

お二人共 着物好きで有名な方ですから対談していても楽しいでしょうね
い~なぁ~
お仕事で着物談義



特集は色無地ですから、読み物としても楽しめそうです

大忙しの週末ですが、時間を見つけて読みたいと思います

[ 2009/09/04 20:28 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(12)

七緒vol.18/プレジデントムック

届いてました



まだ、パラパラ見ただけです





でもね

浴衣の着せ付けや夏のお手入れ

実用的な情報満載



大満足です









チョット



首を傾げた箇所もチラホラ







P94 先生のお写真

衿合せが浅くて 湯上がりの様。



監修なさったモデルさんは綺麗な胸元なのにな







P95 左前は禁物

確かにそうですが

死者に対する着付けとか

縁起が悪いとか...



右前になったのは

奈良時代の衣服令に

「初令天下百姓右襟」

皆さん衿合わせは右を先にあわせましょう。そんな、衣服令から始まってると思ってたので

縁起だなんてチト違う気がしました。





死者に対するって表現も

大切な人の葬儀を出したコトのある人には、何かしっくり来ないのではないでしょうか

亡くなって人の役目を終えて仏様に格が上がって 仏様の着付けが許されて、左前になる。

と、思ってたので





亡くなった方を忌み嫌う訳ではないのでしょうが

チト釈然としませんでした。









ま、そんな 小さな記事はさて置き

今回も内容充実の七緒です





今夜ゆっくり読みます
[ 2009/06/04 20:12 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(8)

買いもの七緒 別冊 プレジデントムック

先週、本屋さんで見つけました


前号の七緒にも予告があったのに
すっかり忘れていたのです

ぶらり本屋旅で発見
連れて帰りました



通販の価格はチョットお高くて手がでませんが


内容はGood

ふむふむなる程 楽しく読めました

裏表紙の1ページ前の サクッと来る一言 「あぁ、また買ってしまった......」 ですって~ 余計なコトを
[ 2009/06/01 19:24 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(10)

ふしあな/塩川桐子 著

店頭で興味を持って 衝動買いしてしまいました

凄く良かったです

作者ご自身の後記で
「自他共に認める のっそり右衛門」
「日常まんがを年に1本ほど」
等と書いてある程のスローな御仁。

そのスローな雰囲気が作品から 零れ落ちます。
説教臭くないけど、人の道を改めて考えてしまったり。。。


裏表紙の帯をご紹介すると。



*~*~*~*

驚いて下さい。
史上初、全編、全コマ
浮世絵の漫画です。

読み終わると
誰かにすすめたくなる。
くどいようですが漫画です。

*~*~*~*


浮世絵漫画で、極上の恋。
なんて書いてあると
家に帰ってからビックリな春画な内容だったらイヤだな。

なんて、思いつつも お買い上げ

読んでみたら 帯通り、誰かに薦めたくなる「浮世絵漫画」でした。




作者ご本人は
「はらはらドキドキの伝奇ものも 作ってみたいなぁ・・・」
と、書いていらっしゃいますが

ワタクシには 充分はらはらドキドキ


人の愚かさを強調しているにも関わらず、
読み終わって心温まるのは
我が身の幸せを確認できるからなのかもしれません


お薦めの1冊でございます

[ 2009/05/06 10:25 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(10)

宮尾登美子/私の世界 家庭画報特別編集

ぶらっと立ち寄った本屋さんで見つけてしまいました
この所物入りでしたので本屋さんには立ち寄らないようにしていましたが......

立ち寄ってよかったです
見応え、読応え タップリな宮尾登美子さんの雑誌です


小説や随筆でも着物がお好きな宮尾さんらしい
ステキな着物の表現が大好きです。

表紙を飾るお着物が華やかな訪問着ではなく
格子のお着物に私の好きな緑の無地帯をお召しになっていて

。。。。ホゥ~

溜息が出るほど、ステキ


宮尾作品を読破している訳ではないので...
まだ読んでいない作品にも興味が沸きました。
雑誌の中身は つらつらと ゆっくり読みます
何しろ、読むのが遅いものですから

[ 2009/04/18 12:24 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(2)

喋々喃々/小川 糸

au oneブロガー ほたるchanのBlogで知り速攻購入しました


蝶々喃々....ワタクシには意味不明でしたが
調べてみたら “蝶”々ではなく “喋々”でした

とは言え “喋々喃々”を知っている訳でもなく。。。。
気になって検索してみましたら

「小声で親しげに話し合うさま。また、男女がむつまじく語り合うさま」

ですって
それだけでも、こそばゆい様な。。。 興味の湧く一冊です。



本屋さんで平積みされたこの本の帯に書かれていたのは
「東京・谷中で アンティークきもの店を 営む栞の、恋と家族の物語」


アンティーク着物屋さん

筆者の「小川糸」さんがどんな着物の表現をされるのか
ワクワク して読みました。


食べ物の表現は 美味しそうで、暖かそうで、
読んでいるだけで食卓が見えるようでしたが、
お着物の表現は ドキドキするものではなかったです


それでも、
主人公の栞さんが着物を大切にしている事が 読んでいて楽しくて

対照的に、お着物を粗雑に扱う妹の存在が
ワタクシの普段のお着物の扱いを思いおこして チクンと刺されたような気がしました


喋々喃々とするお相手春一郎さんのお住まいが“町田”だなんて....
隣駅に住む私としては 臨場感もたっぷりです。

栞さんの着物好き、プリン好きを読むにつれ
おこがましくも、自分に重ねて ドキドキとしながら読みました。




去年の夏、
ブロ友さんのTamanegiさんと歩いた谷中の町を思い出して
谷中、根津、千駄木 界隈の谷根千遊びをしたいなぁ~と思えるステキな一冊です。




ただね。。。。 栞さんの立場から読むと ドキドキワクワクですが、 春一郎さんの奥様と自分を重ねて....読んでしまうと 悲しくて、辛くなってしまいます。 私の主人はモテル人ではないですけどね
[ 2009/03/26 22:31 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(2)

七緒 vol.17/プレジデントムック

忘れてました


昨日、3/7が発売日でした
ワタクシの好きな雑誌 七緒です

今回は

お単衣が第一特集、
和のお稽古が第二特集でしたが....



3つ目の特集 Weラブ「つけ帯」

コレはまだまだ好きになれないでいます


帯を断つのもイヤだけど
切らないつけ帯は収納に 不便だし
40肩、50肩で背に帯枕が乗せられなくなったら
この七緒を引っ張り出して
つけ帯のお世話になりたいと思います




「和の稽古」熱中宣言

おぉ~
ワタクシも同じように「小唄」「茶道」のお稽古してます


但し
不定期なゆるゆるお稽古何ですけどね


和のお稽古 楽しいですョ

[ 2009/03/08 16:23 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(10)

七緒 vol.16 プレジデントムック

唯一 定期購読している雑誌
七緒が届きました

今回もイケてます


七緒の創刊と私の着物生活がとても良いタイミングだったのかしら
毎回、飽きることなく読んでます


今回のお届けは「装いの道」和装小物カタログが同梱されてました
安物買いで、着付けに補正をしない私には、縁がないかな


本誌の内容は「お直し」がメインテーマで、実に様々なお直しが紹介されてました。

自分で針仕事をする方でも、
悉皆屋さんとの付き合い方がわからない方でも、
何を同ずれば良いのかわからない方でも

満足できると思いますョ


これからじっくり読みます

[ 2008/12/04 17:36 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(22)

細雪のきもの/市川崑 編著:谷崎松子 監修

やっと手に入れました

着物好きの為の潤一郎作品なんて言ってしまいたくなる
谷崎潤一郎の「細雪」

この大作を市川崑監督が映画にした 映画「細雪」

映画制作にあったって、時代考証 着物の保存状態を考えて
120もの着物を一から作ったそうです。
そんな着物達を眠らせるのは忍びないと、製作された一冊です。



大好きな「細雪」その映画で使用された着物の本ですから
もぅ読みたくて、欲しくて仕方がなかったのですが
オークションにでても高価過ぎて手が出せず....イジイジ....


でも、今回スルッと落札できました




手にとってみると 期待を裏切らない内容です


・潤一郎夫人 谷崎松子さん
・作家の 宮尾登美子さん
・次女を演じた 佐久間良子さん
・三松社長
・プロデューサー
こんな凄いメンバーでの座談会や



「細雪」と谷崎文学 と題して円地文子さんが 執筆された内容は
とっても興味深く 食入るように読み入ってしまいます。

特に「源氏物語」と「細雪」の章では
谷崎潤一郎氏が「源氏物語」の現代語訳の執筆をされた件は、
「源氏物語」を谷崎潤一郎で読んだ私としては 納得のお話し。
知らなかった背景を知り得て ホクホクです



手に入れた本は
1983年4月25日初版とありますから...
四半世紀。
25年前の本なのですね....保存状態は良かった様ですが、若干色褪せています。


白黒のページもあるので
オールカラーの美しい状態で復刊して頂きたいです。




今度は潤一郎の「細雪」と「源氏物語」を紹介しなくてはいけませんね
[ 2008/11/28 22:36 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(8)

着物の時間2/マガジンハウス

雑誌買っちゃいました

クロワッサン特別編集 永久保存版 着物の時間2 です


随分前に 発行された着物の時間も楽しく読んでいましたが
今回は 一段とステキな方々が盛り沢山でした



特に、年齢を重ねた方々が 個性的に着こなしているのがホントに良いです。


前回はチョッピリ 引いてしまう様な 奇抜なコーデもありましたが
今回のコーデはどれも個性的なのに、皆さん馴染んでいるの



まだ、パラパラめくっただけなので
これから お一人お一人のこだわりを楽しく読みたいと思います

眺めているだけで 自分好みのお着物を着たくなるです

[ 2008/11/19 22:18 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(17)

京の手習いはじめ/石田ゆり子 著

久し振りに新しい本を買ってしまいました

通りすがりの本屋さんで ビビビと来た一冊
表紙買いをしてしまいました。


10日に手に入れて、いつになったら読む事ができるのか
チョット不安になっていたのですが、
あっさり 今日読めました

突然の待ち時間2時間をGetしたので
すかさず、睡眠 の中でヒト寝入りした後、
スッキリした頭で 読む事1時間チョット。。。。

面白い
残り三分の一程を残していますが、石田ゆり子さんの
口語文に近い 個性的な文章と
足のしびれも 心地よいと言い切る 石田さんの
京都への思いが伝わるステキな一冊でした。


ファッション誌を読まないので「グラツィア」と聞いても
何だかわからなかったのですが、
その「グラツィア」の連載を元に加筆をしたものだそうです。

京都出身でない 関東の石田さんが
京都の優しさ強さを 教わり、伝えてくれる
ステキな一冊でした

[ 2008/11/11 23:56 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(8)

手ほどき七緒 別冊/プレジデントムック

七緒の別冊です

数々の雑誌に、着付が載ってるし、

着付けの本も持ってるし。。。

買う必要はないなぁ~なんて思って 予約しなかったのですが
職場の友達が「七緒の新しい雑誌出た」と、
聞いてくれて、彼女用に生協売店さんが取寄せていました。

彼女は「いらなぁい」とのコトなので....
じゃ、買っちゃお


つい、買ってしまいました
先行予約販売だったら、オリジナルエコバックが付いてたのに...
ま、いっか

売店なら1割引だし



さて、
内容は....

大久保信子さんの着付けのヒミツ

のTITLE通り 勘所を押さえた 内容でした。
下着を着付けるコツに重点を置いているので
着崩れに悩む方には 強い味方になると思います


何度か 職場の御用始で着物を着たり、着付けたりしているのですが
今度の御用始に向けて
なんちゃって 着付教室をやろうかと 思っているのです。
(できるかぢぶん

職場に和室も見つけてるし、車通勤なので
貸し出し着物も用意できるし
ネックは姿見。。。。。

姿見をいくつか用意したいな



その時は この雑誌も活躍しそうです

[ 2008/10/10 21:53 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(15)

大正ロマン着物女子服装帖/大野らふ 著

大好きだけど、普段着にはあまり 現実的じゃないのが
大正ロマンなお着物。

現実的じゃないのは
私の年齢によるのですが・・・・・


だって、10代の女の子が着て可愛いって言うような
フリルミニスカートを40女が着てたら 引くでしょ

ってか、ミニスカートの時点でお目汚しです。
ごく一部の スタイルが良くて、愛らしい大人なら
ミニスカートも似合うのでしょうが....

フリルミニじゃぁ~ 舞台衣装か仮装とにかく、こっぱずかしいのです。


でも、大正ロマンの着物でも
サイケデリックでもなければキュッチュでもない、落ち着きのある大正浪漫着物もあって、一概にはいえないのですが。。。
(あれ?何言ってるんだろ、ジブン)





この本の前半は10代20代のCuteな女性が着たら
本当に可愛いアンティーク着物達でした。

見ていて楽しい

巻頭のモデルさんが 又、可愛い金美友sanって書いてあったけど
中国名なのかしら
ツヤツヤふっくらした頬と、口角の上がった 可愛い口で
ベビーフェイスだから 現代風のアンティーク着物が良く似合うのね。

あぁ ワタクシったら 親父目線



後半はシンプルなお着物や
紬、木綿も紹介されていて
コーデが楽しくなるお着物が一杯です


コーディネートの紹介がメインのこの本。
眺めているだけでも楽しい1冊でした

[ 2008/09/29 23:45 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(19)

七緒 vol.15/プレジデントムック

今日届きました

大好きな雑誌 七緒vol.15です


ブロ友さんのぼんつこさんがされていた 加賀の指貫が色とりどりに紹介されていました
こんなステキな指貫があったら お裁縫も楽しくなるかしら

嬉しかったのは 銀座結びや角出しの着付けが詳しく載っていたコト。
他の雑誌でも 見つけて 持って入るのですがどうも 美しく締められなかったので いっつもお太鼓だったのです。
浴衣に衿付けたら、お太鼓や半幅帯より、銀座結びや角出しが良く合うと思うの

あー楽しみぃ~


どこを見ても 顔がほころんでしまう雑誌です

[ 2008/09/04 18:59 ] ◆着物な本◆ | TB(0) | CM(23)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。