スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

職場で着付教室 9/8 小クラス

2日続けて着付教室です

3時終了予定の打合せが、
1時間も延びて

ごめんなさい
スタート時間に間に合いませんでした

先に上がった2人が準備してくれてましたあんがと


同じ顔触れで、2度目のお太鼓
「難しい
の、反応だけで終わった前回と違って

平組の帯締もキレイに止められたし、
何より
取り敢えず 着た後に外に出られそうな状態にまで出来てる

後は 慣れなのかしらね



着付教室での教え方を知らないので
着付けなさる方に質問です

名古屋帯で一重太鼓を締める時。


① 前結び後ろ結び

② 帯枕直前、帯は結ぶ(縛る)

③ お太鼓のタレ位置を決める時、仮紐は使う



私は...
① 後ろ結び
② 縛らないで捻るダケ
③ 使うの


ん"~
人に寄ってやり易い方法って違うみたいで 悩みます

スポンサーサイト
[ 2009/09/08 23:26 ] ◆着物徒然◆ | TB(0) | CM(18)

No title

後ろか前かは両方教えてあげて、それぞれのメリットデメリットを伝えたうえで、やりやすい方を選んでもらえばよいかもですね。人によっては後ろで枕を上げるのに手が届かない人もいますし。ワタシは回して襟が崩れるのが嫌なので基本的には後ろですが、半巾は前だし。

あと、帯によっては結ぶこともありますが、結ぶとシワがひどかったり長さが足りなくなったり帯が固かったりするやつ、傷んでほしくないやつは捻りま~す。
[ 2009/09/09 07:57 ] [ 編集 ]

No title



翠しゃん

画像ですけど…

ピンボケやんけ

(ノ>д<)ノ

ピンでボケは

翠さんだけで十分です

(いやボケにはツッコミ必要か)

結び方を写真付きで解説してくんなきゃですよ
[ 2009/09/09 09:22 ] [ 編集 ]

No title

私は

①後ろ

②折り上げる

③仮紐使います

②は 初め捻ってやっていて大久保信子さんの着付け本のやり方日本装の着付け教室で習った折り上げ式(森田空美さんのやり方だと思います)と 変わりました

林真理子さんのエッセイには 2種類のやり方から、本人がやり易い方を選んだとありましたよね

ホントにいろいろあるから、教えるなら 一通り知ってる方がいいのかしらね
[ 2009/09/09 10:00 ] [ 編集 ]

No title

①半幅前結び

 名古屋・袋後ろ結び

②帯は捻る

着付け教室の先生が、結ぶと帯が痛むのでと教えてくれました

③仮紐は使う方が綺麗に出来た

こちらは、先生が極力紐を使わない方法で教えてくれたんですけど、石田節子さんのやり方で、タレの位置を先に決めておくと、後はお太鼓だけに集中出来るので、楽だし綺麗に出来ました

慣れてくると自分のやり易い方法が段々見えてきますよね
[ 2009/09/09 10:02 ] [ 編集 ]

No title

おはようございます

3ヶ所の着付け教室に行きましたが、結婚前に行ったS水系は忘れました。

1、もちろん、どこも後ろでした。

2、K林系は特殊な帯枕でしたから、そこに通しました。

S道系は三角に折り上げるやり方でした。

3、仮紐はK林の帯枕では必要ありません。

S道は使いました。

K林系などは、台本があるような説明の仕方でした。

てか、たぶん台本がありますね。

きっちり同じセリフを繰り返せてましたから。
[ 2009/09/09 10:14 ] [ 編集 ]

No title

私にも教えてほしいです~
[ 2009/09/09 12:27 ] [ 編集 ]

No title

こんばんは

私の場合は、

①半巾は前、名古屋・袋は後ろ。

②最初に覚えたときは捻ってましたが、今は折り上げてます。帯がシワになりにくいです。

③仮ひも使います。


[ 2009/09/09 21:06 ] [ 編集 ]

No title

私も

①後ろですね、やっぱり

②母のやり方は捩りだったので 私もそうしていましたが、

今は専ら折り上げてます

③使います

何しろ自己流なもので

自分のやり方に慣れてしまっていますから…

他装やお教えしたりするのだったら、やっぱりきちんと学ぶ必要があるなぁ

と思う今日此の頃なのでした
[ 2009/09/09 21:53 ] [ 編集 ]

No title

たゆら。さん

ん~。

それなりに慣れていれば 色々なやりをお伝えするもの良いのですが

どうも、最初に色々となると混乱するかしらと、思って先ず一つ。慣れてから 別の締め方を覚えて頂こうと思っています
[ 2009/09/09 22:23 ] [ 編集 ]

No title

ふぅさん

ふふっ

ピンボケはわざとですョ

画像付き 解説は難しいですョ
[ 2009/09/09 23:04 ] [ 編集 ]

No title

露草さん

露草さんの手順は私と 一緒です

殆どの結び方は 習うより慣れろなのかしら。

分かり易い着付を目指します
[ 2009/09/09 23:13 ] [ 編集 ]

No title

まめぴーさん

着付の手順は、私 まめぴーsanとも同じでした

やっぱり、行き着くところ...って感じなのでしょうね

でも 少しでもやり易い方法があったら変更してみます。
[ 2009/09/09 23:20 ] [ 編集 ]

No title

わたしはね



半幅帯は

前で結んでから衿合わせに逆らわないように右回りで後ろへ

半幅帯以外は

後ろで結びます



結ばず 折り上げて仮紐でおさえます



使いません

でも どうしてもくずれるようなら使っても良いと思いますよ

やり方はいろいろありますが 混乱させてしまうので まずは1つ確立した手さばきで繰り返すことをお勧めします。

お太鼓は 仕組みを理解しないまま 慣れない後ろ手でやるのは大変ですよね。

一度 他装をさせてあげると理解しやすいかもしれません。

あとはある程度慣れるまでは言葉で誘導しながら、一緒にお手本をやって見せるか

何人かで同時に自装させると

つまづいた所で自分のやお友達のを見せてあげられるから無駄がないですよ。

あとは

できれば 押さえる位置や どちらの手のどの指でどの角度で押さえるのかなど 全て言葉にして繰り返し言ってあげると そのうち言わなくてもブツブツ言いながら 自分できちんと動けるようになってくれますよ

頑張って~
[ 2009/09/09 23:51 ] [ 編集 ]

No title

杜若bonoさん

色々なところで習ったのですね

それぞれの良い所を取り入れれば 最強着付の出来上がりかしら
[ 2009/09/10 12:57 ] [ 編集 ]

No title

はるchan

来て来て~

って もぅ はるchanは着れるじゃないですかっ
[ 2009/09/10 12:58 ] [ 編集 ]

No title

きくりんさん

ほぼ一緒です

帯枕の前に 捻るのと織り上げるのは 同じだと思っていました。

捻ると書いたのですが、実際には私も織り上げてます。

ん~。違いが良くわからないわ(・_・?)
[ 2009/09/10 13:01 ] [ 編集 ]

No title

ほたるchan

ホント、私も殆ど 自己流なので

私に教わる人がチョットかわいそうな気がして...

ちゃんと教えられる様に お教室に通いたいです。
[ 2009/09/10 13:03 ] [ 編集 ]

No title

雪花さん

「確立した手さばき」重いお言葉です。

自分自身 ほぼ自己流なので 伝えきれないもどかしさを感じてます。

やればやる程、同じ様に伝えても受け取る側の捉え方も 動きも違っていて 只今苦悩中です。
[ 2009/09/10 13:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimonogurui.blog109.fc2.com/tb.php/729-da315a17







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。